ニュース

サイオスグループ、グルージェントのクラウド型セキュリティサービス「Gluegent Gate」、サイバートラスト デバイスIDと連携し端末認証に対応
~テレワークやクラウドサービス利用に対応、複数ID管理などの煩わしさから解放~

2020年8月20日


サイオス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東京証券取引所第二部:3744、以下、サイオス)の事業会社である株式会社グルージェント(本社:東京都港区、代表取締役CEO:鈴木都木丸、以下、グルージェント)は、グルージェントが提供するIDaaS*1サービス「Gluegent Gate」とサイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄泰利、以下、サイバートラスト)が提供する不正端末からのアクセスを防止するデバイス証明書管理サービス「サイバートラスト デバイスID、以下、デバイスID」を連携した端末認証強化機能を8月28日より提供開始します。

昨年実施された総務省の「通信利用動向調査」によると、「いつでも、どこでも」働ける環境を整える企業・組織が増加しているとともに、政府の働き方改革推進を受けて企業がテレワーク制度の導入やMicrosoft 365*2、G Suite*3、Salesforce*4などのクラウドサービスを利用するケースが拡大しています。これにより、従業員はテレワークによりパソコンなどのデバイスを社外に持ち出す機会が増え、各々のサービスを利用する際に運用の煩わしさから同じユーザー名やパスワードを使い回すケースが散見されます。このようなケースは企業のセキュリティリスクを高める要因になります。より安全にさまざまなサービスを利用し情報資産にアクセスするためには、「ゼロトラスト」*5という考え方のもと、認証レベル強化が喫緊の課題です。

この課題を受けて、グルージェントが提供するクラウド型セキュリティサービス「Gluegent Gate」は、サイバートラストが提供する「デバイスID」と連携し、「Gluegent Gate」の管理者サイトから「デバイスID」の発行・配付および失効まで運用することが可能となりました。これにより強固なアクセス制御を実現することができ、さまざまなクラウドサービスへのアクセスを「デバイスID」がインストールされた端末のみに限定することができます。また、アカウントを一元管理することが可能なため、入退社情報や組織改編情報の反映等を的確に運用することを可能にします。利用者は複数のID管理などの煩わしさから解放され、かつ、クライアント証明書とパスワード認証を利用した多要素認証によるセキュアな端末認証が実現できます。

■他要素認証のイメージ図

Gluegent Gate 他要素認証のイメージ

両社は、今回の製品連携によるソリューションを推進するとともに今後も協業を深め、企業におけるパブリッククラウドサービスを便利かつ安心・安全に利用できる環境の構築を支援していきます。

■協業によるソリューションの機能概要図

協業によるソリューションの機能概要

株式会社グルージェント 代表取締役CEO鈴木都木丸は、次のように述べています。
「シングルサインオン(SSO)に伴う認証制御では、セキュリティ担保のために、本人認証や端末認証をはじめとする各種認証要素を組み合わせた多要素認証が必須となります。『Gluegent Gate』では、許可された人・端末・場所・時間などの要素を組み合わせた認証制御を行うことで、安全で快適なシステム環境をお客様へ提供できることを確信しております。本サービスの提供により、企業のリスク対策を支援してまいります」

*1 IDaaS(Identity as a Service)
クラウド経由でID認証ならびIDパスワード管理、シングルサインオン (SSO)、アクセス制御などを提供するサービス。

*2 Microsoft 365 (旧称: Office365)
Microsoft Corporationが提供するクラウドのグループウェアサービス。

*3 G Suite
Google LLCが提供するクラウドのグループウェアサービス。無償版と異なりビジネス向けの要件(管理者機能等)が追加されている。

*4 Salesforce
株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドのグループウェアサービス。

*5 ゼロトラスト
社内外のネットワークを区別せず、信頼しないことを前提として、すべての接続者、接続端末に対してアクセス認証を行い、毎回セキュリティレベルに達しているのかを検査することでセキュリティを担保すること。2010年にForrester Research社のJohn Kindervag氏により提唱された概念モデルで、パブリッククラウドの活用やAPIによるビジネスサービスの連携などを背景に重要視されている。

■グルージェントについて
Javaを中心とした最新の技術基盤をベースに、多数の先進的なシステム開発の実績を誇っております。また、サイオスのクラウド分野の専業事業会社として新たなWebアプリケーションソフトウェア製品やソリューションサービスの開発を推進しています。
詳細情報は https://www.gluegent.com をご覧ください。

■サイオスについて
サイオスは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェア、AI、クラウド、金融技術に卓越した強みを有するテクノロジー企業群を子会社に持つ東証二部上場の持株会社です。「世界中の人々のために、不可能を可能に。」をグループミッションに、イノベーションによって人々の課題を解決し、より良い社会の実現に貢献してまいります。
詳細情報は https://www.sios.com をご覧ください。

■「サイバートラスト デバイス ID」について
「サイバートラスト デバイスID」は、会社が許可した端末を厳格に認証し、安全なネットワークアクセスを実現するマルチデバイス対応のデバイス証明書管理サービスです。マルチデバイス、マルチネットワーク環境において、不正端末からのアクセスを防止し、安全に情報資産を活用できる共通の端末認証基盤を実現します。
詳細情報は https://www.cybertrust.co.jp/deviceid をご覧ください。

■サイバートラスト株式会社について
サイバートラストは、日本初の商用電子認証局として20年以上にわたり提供している認証・セキュリティサービスと、ミラクル・リナックスのカーネル技術やオープンソースソフトウェア(OSS)の知見を応用したオンプレミス、クラウド、組込み領域向けのLinux/OSSサービスを展開しています。また、これらの技術や実績を組み合わせ、IoTをはじめとする先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。
「信頼とともに」。サイバートラストは、ITインフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。 詳細情報は https://www.cybertrust.co.jp をご覧ください。

■お客様のお問い合わせ先(記事掲載の場合はこちらをご利用ください)
株式会社グルージェント
担当:藤原
TEL:03-6401-5211  Email:marketing@gluegent.com

サイバートラスト株式会社
担当:椎名、河原
Email: press@cybertrust.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
サイオス株式会社 広報
TEL:03-6401-5120  Email:mktg@sios.com

株式会社井之上パブリックリレーションズ
サイオスグループPR担当:大浦、妹尾、横田
TEL:03-5269-2301  Email:sios@inoue-pr.com

※現在テレワーク勤務中につきお電話に出られない場合がございます。メールでお問い合わせいただけますと幸いです。