Gluegent Flow

ワークフローの承認経路を柔軟に設計する

わかりやすい階層表示の組織からユーザー/組織/ロールを指定して、簡単にワークフローの承認経路を設定できます。企業独自のルールにも柔軟に対応可能です。

わかりやすい階層表示

Gluegent Flowは、ワークフローの承認者や決裁者などの処理対象者を設定する際、階層表示された組織からユーザーやグループを選択することができます。

組織ツリーで表示

1つのグループを1つの「部署」、グループに所属するメンバーを「部署の構成員」として解釈します。この階層構造の構成を、組織ツリーといいます。

ある会社の組織ツリーは「会社」という大きな組織に「総務部」「営業部」といった小さな組織を含みます。また、総務部には「人事課」「総務課」といった更に小さな組織を含む場合もあります。小さな組織には人(従業員)が所属します。

routing

複数グループへの所属が可能

ユーザーは、組織を横断して複数のグループに所属できるため、兼務の表現も可能です。

routing

ロールによる承認経路設定

ロールとは、役割・役職を登録する機能です。以下の図では、左側の経路上で「承認待ち」「決裁待ち」に設定された「課長」「部長」がロールにあたります。Gluegent Flow では予めロールを設定しておけば、ワークフローの作成者が所属するグループに対応した担当者を自動的に設定することができるため、効率的に経路設定が行えます。

routing

条件分岐による承認経路設定

たとえば、購入申請などの決裁時、購入金額により承認者(役職)が異なる場合があります。Gluegent Flow は、申請金額により承認者(役職)を判定し、決裁処理を行う経路を設定することが可能です。判断するステップで、ワークフローの画面にどのような処理ボタンを配置するかを指定することで、柔軟に分岐を実現します。

routing
► 分岐設定した申請での表示の例
routing
routing

Google Workspace / Microsoft 365 との連携

Gluegent Flow は、Google Workspace や Microsoft 365 と連携し、アカウントや組織を同期します。管理が煩雑になることなく、効率的に運用できます。

アカウント連携

Google Workspace や Microsoft 365 のユーザーアカウントをそのまま利用可能。アカウントの新規作成や設定も不要で、システム管理者の負担を軽減します。ユーザーも、IDやパスワードの入力は不要で、Gluegent Flow のアイコンをクリックするだけでスムーズにワークフロー画面に遷移するので、ストレスフリーで効率的に業務できます。

グループによる組織管理と同期

ワークフローに必要な組織階層を、クラウドサービス側で定義したグループ(Googleの場合は Google グループ、Microsoft 365の場合は Exchange Online)から取得。異動や組織変更時にも、クラウドサービス側でグループの組織階層をメンテナンスしておけば、Gluegent Flow にも自動的に反映されます。承認経路の面倒な設定が不要で、メンテナンスの手間も大幅に減らせます。 routing