FIDO 認証でパスワードレスの実現とセキュリティを強化

FIDO 認証対応のIDaaS

現在、多くのサービスやシステムでログインする際には、パスワードによる認証が一般的です。このパスワード認証は、パスワード忘れによる利便性の問題や、パスワード漏洩によるセキュリティ面での不安などがありました。パスワードだけでは安全性が担保できない現状で、それらの問題点に対応するため、新しい認証方式として FIDO が推奨されています。

FIDO とは

FIDO は 「Fast IDentity Online」の略語で、顔や指紋などの生体情報を活用した生体認証や、 認証機能をもつ USBキーなどを使用する認証方式です。 Gluegent Gate は 生体認証に対応しており、ユーザーの生体情報で認証することで パスワードを覚える必要がなくなるため、パスワードレスを実現します。 お手持ちのデバイスの Face ID や Touch ID を使って認証でき、 クラウドサービスへの接続が容易になるため、利便性も向上します。 また、認証機能つきのUSBキーで多要素認証を利用すれば、セキュリティも強化されます。

FIDO 認証(FIDO2/WebAuthn)の仕組み


※利用可能な認証は、Works with Gluegentをご参照ください。