Gluegent Flow for Microsoft 365とは? Gluegent Flow を
Microsoft 365 拡張アプリケーション
として利用いただけるワークフローシステムです

Microsoft 365

Microsoft 365アカウントで利用でき、いつでも、どこでも、どの端末からも申請・承認・決裁可能。生産性向上やDX推進に寄与します。

Gluegent Flow for Microsoft 365 概要図

Gluegent Flow for Microsoft 365 の特長・機能

組織情報は毎日同期

Microsoft 365 アカウント連携

組織情報は毎日同期

Microsoft Entra IDと連携してMicrosoft 365のアカウントを活用するため、ログインのためのIDやパスワードは不要。ブラウザから簡単にアクセスできます。
組織情報もMicrosoft Entra IDのグループが反映されるのでGluegent Flow内でのメンテナンスは不要です。
入力・参照用のデータ取り込み

ExcelやCSVをマスターデータとして利用したり、データをExcelに出力

入力・参照用のデータ取り込み

社員の属性情報やリストの選択肢を定義したExcelデータやCSVデータを、マスターデータとして活用できます。
マスターデータは申請フォームに反映できるため、入力ミスの防止や申請の省力化が可能です。また、リストの検索や複数階層化(親子リスト)ができるため、ユーザーフレンドリーなフォームが作成可能です。

詳しくは ► Gluegent FlowのExcel最終行追加で実現する、定型業務の自動化 をご覧ください。

確実な通知や催促

Outlookメールの送付やTeamsへの通知

確実な通知や催促

確認や承認依頼をOutlookメールへ自動送信したり、Power Automateを活用してTeamsへの自動通知が可能です。
見落としを防止できるため、業務を滞留させません。
フォーム内容を自動で出力

入力内容を反映したドキュメントを自動で作成

フォーム内容を自動でExcelに出力

あらかじめ設定すれば、フォームに入力された情報をExcelに出力することが可能です。
稟議書の管理台帳や、備品の貸出状況、分析・報告用の元データが手間なく作成できます。
紹介動画を見る

Microsoft 365アプリケーションに関する設定は、お客様ご自身の責任で設定いただく必要があります。

そのほかの機能や説明は、自動処理のページをご覧ください

ご利用料金

1ユーザーあたり (Business プラン)
月額 500 円(税別)
お見積は、以下より承ります。
お問い合わせ

Case Study

Microsoft 365とGluegent Flowを活用し、紙の申請や稟議書を電子化された成功事例や、全面クラウド化によりDX推進された事例をご紹介します。