Gluegent Flow

電子契約サービスとの連携

Gluegent Flowは電子契約サービスと連携することができます。これにより、社内申請から契約締結までのデータ連携をシームレスに実現。
従来であれば社内承認済の契約データを、人の手で電子契約サービスにアップロードする手間とリスクが発生していましたが、本連携により自動で処理することが可能となりました。

Gluegent Flow で実現するクラウドワークフロー!

ワークフローと電子契約の流れ

Gluegent Flow で実現するクラウドワークフロー!

電子契約とは

  • 電子契約は、従来の書面契約に代わり、電子データで締結する契約です。
  • COVID-19 によるテレワークや DX 推進の流れの中で、社内外の様々な業務がデジタル化し、紙や印鑑などに関連する法律の改正も進んだことで、デジタル(オンライン)で完結する形で各種業務の改善が行われています。電子契約では、押印の代わりに電子印鑑(デジタルサイン)で契約が成立するようになりました。収入印紙が不要となる点も電子契約の魅力の1つです。
  • 契約業務に特化したクラウドソリューションも多数提供されており、企業規模・業種を問わず導入が進んでいます。

ワークフローと電子契約の連携

電子契約サービスの課題

各種電子契約サービスには、業務特性に応じた「承認」のプロセスが付帯していますが、どれも簡易な「上長承認」であり、決裁基準表に基づくような適切な経路設定や、申請・承認に特化した帳票を作成することができません。また、関連業務との連携機能もなく業務が分断され、効率化や一元管理・証跡管理ができません。

ワークフローと連携して解決

各部門で発生する契約内容に応じて決裁基準は様々です。ワークフローでは、電子契約による押印以前の、契約内容に応じた申請・承認・決裁・共有を行い、適切な経路・帳票を作成して連携します。契約締結に至るプロセスと電子押印の一元化が実現し、証跡管理も可能となります。

契約関連に関する証跡を蓄積。監査・内部体制にも有効。

社内の法務レビュー・合意・承認から、社外との契約締結まで。社内外のプロセス・証跡を確実に蓄積。適切な契約管理を実現します。

電子署名済の締結データは、電子契約サービスで保管され、電子契約サービスのアカウントをもつメンバーは、いつでも契約書を検索・確認できます。

Gluegent Flow の電子契約連携

連携の流れ

  • STEP.01申請
    Gluegent Flow から契約締結の申請を行います。
  • STEP.02承認・決裁
    決裁ルートに設定された人に自動回送、承認され次第、次々と進行します。

  • STEP.03社外:契約依頼
    決裁後、電子契約サービスに自動で連携され、契約窓口担当者に押印依頼が通知されます。
  • STEP.04社外:契約先の押印
    依頼を受領した相手は電子契約サービスで内容を確認し、電子的に押印します。
  • STEP.05社外:確認・保管
    締結後の契約書は電子データとしてそのまま保管されます。

連携できる電子契約サービス

※アルファベット順

Price電子契約連携利用料金

初期費用 0

月額費用 0

  • 別途、Gluegent Flow@300円(税別) / Flow Plus@400円(税別)の必要ライセンスを保持している必要があります。
  • 別途、連携対象電子契約サービスとの契約が必要になります。
  • 別途、「電子契約連携」のお申し込みが必要になります。
  • 詳細についてはお問い合わせください。