外部サービスと連携して
業務の自動化を実現

Gluegent Flow(グルージェントフロー)は、さまざまな外部サービスと連携して一連の業務を自動化できる機能があります。
連携機能を活用することで、システムごとに分断されていた処理やデータがつながり、運用や管理を楽にします。手作業で対応していた業務が自動化され、業務の省力化や効率化を促進します。

見逃し防止!ビジネスチャットと連携させるSlack、LINE WORKS、Chatwork連携

社内で普段利用しているビジネスコミュニケーションツールへ、確認や承認依頼などの自動通知を行うことができます。LINE WORKS、Slack(β版)、Chatwork(β版)など、ご希望のビジネスチャットツールとそれぞれ連携設定をすれば、すぐにご利用いただけます。

社内申請から電子契約締結まで一連化できる電子契約システム連携

契約業務のうち、社内の事前確認/承認をGluegent Flowで実施。社内の承認済み契約書データを、(外部の)電子契約システムに自動で引き継ぐことができ、取引先等との電子契約処理を一気通貫で行えます。一連の契約業務を可視化でき、締結業務に要する時間を短縮できます。

電帳法対応に!添付データを検索しやすくするラベル付与/共有ドライブ保存

Gluegent Flow for Google Workspace のみ対応

Google Workspace のラベル機能と共有ドライブを用い、Gluegent Flowを通して、自動生成したファイルや添付ファイルに、(事前設定した)ラベルを付与し(事前に定めた)共有ドライブに保存します。
これにより、例えば、電子帳簿保存法に則り「取引先企業名/取引日/取引金額」にリネームしたファイルをGoogle ドライブに保管したり、「検索性」を高めたファイル保存が可能になります。

APIを利用しデータ連携できるAPI連携(β版)

Gluegent FlowのAPIを用いて、外部システムがGluegent Flowのデータを読み込んだり、Gluegent Flowと連携することができます。API連携は、解決したい課題内容や、外部システムの仕様により実現方法が異なるため、詳細はお問い合わせください。

  • 本サイトはGluegent Flow Business プランに基づき、機能を紹介しています。プラン別の機能詳細については、 こちらをご覧ください。