誰でも作れるUIで、
紙の見た目をかんたん再現

Gluegent Flow (グルージェントフロー)は、紙のイメージそのままに申請書(入力フォーム)を電子化します。
多種多様な入力項目やレイアウト設定により、誰でも簡単に、イメージどおりにフォームを作成できるだけでなく、豊富なテンプレートから選択して、そのままご利用いただくことも可能です。以下にて、入力フォームの作成方法をご紹介します。

いつもの紙書類を再現して電子化できる見た目そのままレイアウト

見慣れたいつもの紙のレイアウトをそのままに。フォーム作成用のHTMLレイアウトエディターに、WordやExcelファイルの申請書をコピー&ペーストすることで、WordやExcelの見ためそっくりにワークフローシステムに反映し、申請フォームを作成できます。従業員は見慣れたレイアウトのため混乱する事なく、スムーズに利用を定着できます。

パーツの組み合わせでかんたんにフォームを作れるフォーム作成

テキスト・日付・チェックボックスやプルダウンリストなど、あらかじめ用意された項目を組み合わせて簡単にフォームが作成できます。入力項目数の制限はなく、条件によって表示/非表示の制御や入力内容のチェックも行えます。また、マスターデータを登録し、プルダウンの選択項目を独自に設定することも可能です。

100種類以上のテンプレートから自由に選べる選べるテンプレート

さまざまな企業で利用可能な多種多様の100種類以上のテンプレートが予め用意されており、選択してそのまま利用可能です。テンプレートを複製し、お客様環境にて、自社の規定に合わせカスタマイズすることもできます。

選択・登録したマスターデータを自動的に反映できるマスターデータ活用

管理者が登録されているマスターデータを更新することで、それを活用しているすべての入力フォームでマスターデータを読み込むと、自動的に修正が反映されます。申請者すべてが単一のマスターデータから取得されるデータを利用するため、価格やデータ名などの相違もなく、選択式にすることで表記の揺れも抑えます。

見せたくない情報を隠せる項目マスキング

経路の段階によって/非表示の設定と、表示/入力可否の設定ができます。個人情報や人事評価など特定の人に見せたくない情報や、決裁段階では必要のない細かい情報をマスキングすることが可能です。

申請者や承認者の印影を表示できる印影表示

処理を行った日付と承認者名、処理内容(申請・承認・決裁など)を印影として設定できます。

コメントや指示事項を記録に残せるコメント追加

申請者・承認者・決裁者のコメントを残すことができます。そのタスクでの申し送り・注意事項や、今後参照する際のナレッジの共有など用途は自由です。フォームとともにコメントを印刷することも可能で、より細かな証跡管理にも活用いただけます。コメントは検索も可能です。

指定したレイアウトで印刷できる印刷レイアウト

Google スプレッドシートまたはHTMLレイアウトエディターで、印刷時のレイアウトを作成できます。

運用をとめずにフォームのバージョンを更新できる入力フォームの版管理

入力フォーム変更前に作成された申請には影響することなく、入力フォームを更新することができます。入力フォームが更新された後に申請されたモデルから、新しい申請フォームで起票できるようになります。