クラウドで業務を効率化 Gluegent Flow

G Suite™×Gluegent Flow ならクラウドを活かしたワークフローが実現できる!

Google のクラウド型グループウェア G Suite (旧 Google Apps for Work)™ と連携するクラウド型ワークフローシステムなら、導入が簡単で便利!ここでは、誰でもすぐに使いこなせる Gluegent Flow とG Suiteの連携にどのようなメリットがあるのか、ご紹介します。

ワークフローシステムの課題とG Suiteとの連携メリット

ワークフローシステムを導入する場合、よく課題になるのが以下の点です。

課題1

ユーザアカウントの管理が煩雑

ワークフローシステムにはユーザアカウントが必要ですが、アカウントやパスワードを新しく作成すると、システム管理者の手間がかかります。導入時のみならず稼働後も、複数のシステムのアカウントを並行して管理することになり、メンテナンス漏れやミスの原因になります。また、システムごとに異なるユーザアカウントやパスワードを管理するのは、社員にとっても面倒です。

それを解決できる機能はコレ!

G Suiteアカウント連携

Gluegent FlowをG Suiteと連携すれば、G Suiteのユーザアカウントをそのまま利用できます。アカウントの新規作成や設定は不要です。システム管理者に負担をかけることなく、運用をスタートできます。また、Gluegent Flowを起動するためにいちいちログイン操作をする必要はありません。アイコンをクリックするだけで、スムーズにワークフロー画面に遷移できます。IDやパスワードを何度も入力しないので、ストレスフリーで効率的に業務できます。

課題2

承認ルートの設定が面倒

たとえば、ワークフローの一次承認が「課長」、二次承認が「部長」になるケースでは、ユーザの所属先によって承認者が決まります。そのため、ワークフローシステムの中には、役職者を判断するための組織階層のデータを持つ必要があります。しかし、組織階層をシステムごとに管理していると、追加や変更が大変です。特に、期末など異動のシーズンや、組織変更があったときに、システム管理者に大きな負荷がかかります。

それを解決できる機能はコレ!

Google グループから組織階層を取得

Gluegent FlowをG Suiteと連携すれば、ワークフローに必要な組織階層データをGoogleグループから取得できます。異動や組織変更があったときにも、Googleグループの組織階層をメンテナンスしておけば、Gluegent Flowにも自動的に反映されます。承認ルートの面倒な設定が不要で、メンテナンスの手間も大幅に減らせます。

課題3

申請データの活用が困難

ワークフローには企業活動に欠かせない申請・承認の結果が蓄積されるので、データ化すれば、さまざまな形で活用できます。しかし、データを抽出するためにシステム部門に依頼する手続きが煩雑だったり、そもそもそうした発想がなかったりして、実際には利用できていない企業がほとんどです。

それを解決できる機能はコレ!

Google スプレッドシートへの書き出し

Gluegent FlowはG Suiteと連携するため、ワークフローの申請内容をGoogleスプレッドシートに直接書き出すことができます。これにより、Gluegent Flowで処理した内容を、データとして手軽に活用できます。たとえば、購買申請だけをGoogleスプレッドシートに出力し、伝票と突き合わせてチェックしたり、部門ごとに集計したりと、ニーズに応じていろいろな使い方が可能です。システム部門に依頼する手間やタイムラグがなく、ワークフローのデータを簡単に活用できるのは、G Suiteと連携できるGluegent Flowならではの大きなメリットです。

  • 数字で見る!ワークスタイル変革時代の新しい「申請・承認ワークフロー」の形。無料ダウンロード
  • Gluegent Flowの操作や機能に関する詳しい説明は、資料をご覧ください。資料ダウンロード

マルチドメイン環境でも利用できるGluegent Flow

企業内で、複数のドメインが使われていることはしばしばあります。同じ社員にブランドごとに複数のドメインが付与されているケースや、部門や支社によって異なるドメインを使っているケースなどです。G Suiteの魅力のひとつは、こうした複数のドメインを統合して管理できることです。

ところが、ワークフローシステム側がマルチドメインに対応していないと、ドメインの異なる部門間、支社間でのワークフローが実現できません。ドメインごとにユーザアカウントを設定することになり、環境構築や、管理が煩雑になります。

Gluegent Flowのように、G Suiteのマルチドメイン環境に対応できるクラウド型ワークフローを選択すれば、利用している環境を変えることなく、ワークフローの導入が可能です。

また、ワークフローの経路に、関連会社など社外の関係者を交えたいというニーズをお持ちの場合にも最適です。G Suiteのマルチドメイン環境に追加するだけで、簡単にワークフローの対象に含めることができるからです。関連会社との連絡がGluegent Flowだけで完結できるので、業務効率の向上が期待できます。

また、自動的にメールを送信する、Google Documentを自動的に作成する、自動的にGoogle Siteに投稿するなどの強力な自動処理、ドキュメント連携など、様々な連携機能を備えたGluegent Flowならば、今まで以上にワークフローを効率化することができるでしょう。