Gluegent Flow

YES/NOでわかる!
【タイプ別】ワークフローシステム導入パターン

テレワークの推進や稟議・申請業務の効率化を目指してワークフロー導入の検討を始めたのはよいけれど、さてなにから手をつければよいのか、どこまで何をすればよいのかわからないと頭を悩ませている担当者もいるでしょう。ここでは、導入パターンをタイプ別にご紹介します。
タイプ別 導入パターン タイプ別 導入パターン
A B C

お勧めは、、、このタイプ

回答:A

先手必勝で導入成功タイプ:とにかくクイックにスモールスタートしましょう

現状の稟議規定やルールを変更することなく、とにかく早く稟議や申請手続きを電子化したい。そんなあなたには、簡単に手早くまずは使い始めてみることをお勧めします。
以下の Gluegent Flow の特長や機能を使って、まずは電子化してみましょう。
  • 低価格で導入できる
  • 用意された60種類以上のテンプレートですぐに運用開始可能
  • UIがわかりやすく直感的に操作できる
  • 紙の書類をそのままスキャンして添付し、回送できる
回答:B

少数精鋭で導入成功タイプ:まずは試して、どこまで自社で活用できるか考えましょう

申請や稟議業務を効率化するために、どんな機能があるのか、ちゃんと検討して試してみたい。そんなあなたには、少人数でお試し導入することをお勧めします。
以下の Gluegent Flow の特長や機能を使って、試しながらどんな業務改善に活かせるか検討してみましょう。
回答:C

全社横断で導入成功タイプ:やるなら、とことん!社内を巻き込み高効果を狙いましょう

現状の申請や稟議業務を見直し、根本的な業務改善につなげたい。そんなあなたには、全社導入を見据えたワークフロー導入をお勧めします。
以下の Gluegent Flow の特長や機能を使って、外部システムやAPIと連携することで業務を自動化・省力化できないか、Gluegent Flow なら検討可能です。

Gluegent Flow の他の機能を見る